秘境秋山郷

ひきょうあきやまごう

四季が織りなす自然景観、その懐に日本の心と原風景を見る

鈴木牧之が桃源郷と呼んだ秋山郷は、信濃川の支流、中津川の上流域に点在する集落の総称で、長野県と新潟県にまたがる狭谷地帯。迫る山肌と深い雪にとざされ、歴史にとり残された様に昔の生活を色濃く残している。
この秋山郷の人々の暮らしは、自然とともに生き、先人たちの知恵と豊かな温情息づく心のふるさとである。
春はオオヤマザクラとカタクリに囲まれ、新緑の木漏れ日に野鳥の声を聞く。秋は錦秋の渓谷に収穫の歓びがこだまする。岩肌に凛とした姿で降り積もる純白の雪は、冬の厳しさと渓谷の美しさを一層引き立てる。豊かな自然と縄文の昔から受け継いだ歴史・文化は、旅するものを魅了して止まない。

季節情報

紅葉の最新状況 一部色づきはじめ
紅葉のシーズン 10月下旬~11月上旬

基本情報

住所新潟県中魚沼郡津南町秋山郷
交通アクセス●JR飯山線「津南駅」より車で約40分
●関越自動車道「塩沢石打IC」または「越後川口IC」より車で約60分

問い合わせ先

問い合わせ先津南町観光協会
電話番号025-765-5585
FAX番号025-765-5586
メールアドレスkanko@tsunan.info
関連サイト