爽やかな高原リゾートと上杉謙信ゆかりの地
妙高・上越エリア

2018.08.14

越後の戦国武将・上杉謙信の居城で桜の名所でもある高田城や、温泉とウィンタースポーツを満喫できる妙高高原、ヒスイの産地・糸魚川など、歴史と文化、アクティビティに富んだエリア。紅ズワイガニをはじめとする地元の海の幸はもちろん、ブラック焼きそばなどのB級ご当地グルメも楽しめます。

越後の春の象徴 -高田城観桜会ー

徳川家康の六男・松平忠輝公が築城した高田城。お堀周辺には約4,000本の桜が植えられており、開花時期には一帯が淡いピンク色に染まります。おすすめの時間帯は夕方~夜。約3,000個のぼんぼりに照らされて浮かび上がる桜の姿は国内でも有数の美しさと称えられ、上野の恩賜公園、弘前城公園とともに日本三大夜桜の一つに数えられています。
観桜会期間中は約300の露店が立ち並び、地元のグルメや地酒も味わえるとあって、毎年多くの人で賑わいます。

地元産のベニズワイガニを心ゆくまで堪能 -かにや横丁ー

道の駅マリンドリーム能生の一角にあるベニズワイガニの専門店街「かにや横丁」。地元・能生の漁師さんが営む9軒の直売所が軒を連ね、能生漁港で穫れた新鮮なベニズワイガニをその場で食べることができます。軒先には色鮮やかなカニたちがズラリ。漁師の奥さんをはじめお店の方が、おいしいカニの選び方や旬の時期などを話しながら試食をさせてくれます。
同じ敷地内には、地元産の海産物を販売する鮮魚センターや、浜焼き、寿司などが食べられるレストランやお土産やなどもあり、日本海の海の幸を堪能できます。

多彩なゲレンデと温泉を楽しむ -赤倉・妙高スノーリゾートー

妙高エリアには大小さまざまな9つのスキー場があります。日本のスキーリゾートとして長い歴史を持つ名門・赤倉温泉スキー場は、バラエティに富んだコースでどのレベルのスキーヤー、スノーボーダーでも満足できると人気。妙高スキーパークはなだらかな林間コースが特徴で、子供向けの設備も充実しているため、ビギナーの方やファミリーが多く訪れます。
また多数の温泉が点在していて、開湯200年以上の歴史を持つ赤倉温泉をはじめ、池の平温泉、山林の野天風呂で注目を集める燕温泉など、ウィンタースポーツの後に疲れを癒すのに最適です。

妙高・上越エリアの温泉

県下1~2位の湧出量を誇るなど多彩な温泉が集うエリア。上杉謙信の隠し湯として知られる関温泉や、開湯以来多くの文人や名士が訪れている赤倉温泉など、歴史が息づく温泉地があります。

●鵜の浜温泉…日本海を臨む温泉。キャンプ場やアスレチックなどのレジャー施設が豊富で、観光地引網も人気。
●関温泉…上杉謙信の隠し湯として有名。鉄分を含む赤い温泉で、登山やスキーの後に訪れる人も多い。
●燕温泉…妙高山登山の東側の入口にある温泉。「黄金の湯」と「河原の湯」の無料露天風呂が登山客に好評。
●池の平温泉…白樺林といもり池など眺望が良く人気の避暑地。トレッキングやスキーなどのアクティビティも充実。
●赤倉温泉…多くの旅館や土産物やが集まる情緒溢れる温泉街。温泉ソムリエに案内してもらうのもおすすめ。
●新赤倉温泉…白樺やカラマツに囲まれた閑静なリゾート温泉地。個性的なペンションがたくさん集まっています。