八海山大崎口火渡大祭

はっかいさんおおさきぐちひわたりたいさい

家内安全・無病息災

八海山神社は、山岳信仰の霊場として人々に崇拝されてきた神社です。
今から約200年程前、地元大崎出身の泰賢行者によって始められました。
毎年、春には霊峰八海山登山口の大倉口里宮(5月下旬)、初夏には城内里宮(6月最終日曜日)、秋には大崎口里宮(10月20日)で行われます。
祭壇の前に積み上げた杉木が燃え尽き、真っ赤な炭になったところを信者たちが家内安全・無病息災を念じて素足で渡り、一般の方も参加できます。
なかでも、会場の広い大崎口里宮の祭典は県内外から多くの信者や観光客が訪れ賑わいを見せます。

基本情報

開催期間 2018年10月20日(土曜日)
開催時間 ●10時頃:稚児行列
●12時:大火渡式厳修
(ご祈祷他)
●13時頃:火渡り開始
住所新潟県南魚沼市大崎4161
交通アクセス●JR上越線「浦佐駅」より車で約10分
●関越自動車道「小出IC」もしくは「六日町IC」より国道291号経由、車で約20分
駐車場●普通車:50台
●大型車:20台

問い合わせ先

問い合わせ先八海山大崎社務所
電話番号025-779-2010
関連サイト