ホーム > 新潟を楽しむ > モデルコース > かつての豪商のお屋敷にて「新潟古町芸妓の舞」鑑賞

ここから本文です。

更新日:2018年1月24日

新潟古町芸妓の舞

かつての豪商のお屋敷にて「新潟古町芸妓の舞」鑑賞

新潟花街茶屋「お座敷遊び」

  • 半日コース
  • 新潟・阿賀
  • 体験
  • 夫婦|女性

200年の伝統を誇る「新潟古町芸妓の舞」を新潟市中心部にある日本遺産認定の「旧齋藤家別邸」で鑑賞。
芸妓さんとの記念撮影やお座敷遊びの紹介・体験もあります。

●鑑賞料金:大人3,000円、小・中学生2,700円
●所要時間:45分/14時00分~14時45分

★オススメ旅行期間★
2018年
●4月7日(土曜日)、4月14日(土曜日)、4月21日(土曜日)、5月12日(土曜日)、5月19日(土曜日)、6月2日(土曜日)、6月16日(土曜日)、6月23日(土曜日)、6月30日(土曜日)、7月7日(土曜日)
●定員:30名(要申込)
●申込先:
(公財)新潟観光コンベンション協会
TEL. 025-223-8181(平日8時30分~17時15分)

コース内容

JR新潟駅

新潟駅万代口バスターミナル2番線発、新潟市観光循環バスで「北方文化博物館新潟分館前または入口」下車。

「新潟市観光循環バス」ホームページ

バス 約30分(新潟市観光循環バス)

旧齋藤家別邸

見どころ

「旧齋藤家別邸」は、明治から昭和初期にかけて新潟三大財閥の一つに数えられ貴族院議員を務めた豪商・齋藤喜十郎が1918年に建てた、総敷地面積1,300坪を誇る広大な別荘。日本遺産にも認定。

「旧齋藤家別邸」公式ホームページ

旧齋藤家別邸

新潟古町芸妓の舞「新潟花街茶屋」鑑賞

おすすめスポット

■芸妓の舞
京都・祇園、東京・新橋と並び称された新潟古町の花柳界。200年の伝統を誇る古町芸妓の優美で質の高い踊りを日本遺産にも認定された旧齋藤家別邸で鑑賞。
■お座敷遊び
普段は料亭での宴席などで行われているお座敷遊び。その紹介と、実際に体験することもできる。
■開催日(2018年春~夏)
4月7日(土曜日)、4月14日(土曜日)、4月21日(土曜日)、5月12日(土曜日)、5月19日(土曜日)、6月2日(土曜日)、6月16日(土曜日)、6月23日(土曜日)、6月30日(土曜日)、7月7日(土曜日)

「新潟花街茶屋」ホームページ

新潟古町芸妓の舞

バス 約30分(新潟市観光循環バス「白山公園先回りコース」)

Befcoばかうけ展望室(朱鷺メッセ展望室)

人気スポット

地上約125メートル、日本海側随一の高さを誇る無料展望室。新潟市街地はもちろん、日本海、佐渡島、五頭連峰などの景色を一望できる360度の大パノラマです。

「Befcoばかうけ展望室」公式ホームページ

Befcoばかうけ展望室

徒歩 10分

にぎわい市場 ピアBandai

食べどころ

米・酒・魚・肉・野菜・果実・生花といった新潟県の特産品が大集結。農産物・海産物・畜産物の調理・加工品をはじめ、高級食材を扱う店舗や、佐渡沖て穫れた新鮮な魚が味わえる「廻り鮨」、同施設の万代島鮮魚センター直営の海鮮丼屋も出店。かつて新潟魚市場として賑わったこの地にある新潟の食の発信基地です!

「にぎわい市場 ピアBandai」公式ホームページ

にぎわい市場 ピアBandai

バス 10分

JR新潟駅万代口