ホーム > 新潟を知る > 石抱の梅

旅の計画作って伝える!マイ旅プラン

登録済みの
目的地

00件

ここから本文です。

マイ旅プランの目的地に追加

更新日:2014年4月16日

石抱の梅

順徳上皇お手植えの梅

Photo

石抱きの梅は、順徳上皇のお手植と伝えられる梅の巨木です。
海抜52mの段丘上に人家と柿園に囲まれており、3月中旬頃に微紅色を帯びる白色の花を咲かせます。
明治初期に大風で覆されたとの記載もあり、蟠屈蜿蜒(ばんくつえんえん)と形容されています。
果実はやや小粒で短毛を密布します。
新潟県は梅の栽培面積は少ない県ですが、梅の昔話は全国で一番多い県であり、石抱の梅は真法院の苔梅(両津地区梅津)に次ぐ大木です。
この石抱の梅は2002年、新潟県都市緑化センターの「名木・巨木及び樹林地等、保全候補箇所」に推薦されました。

【樹高】7.7m
【幹周】3.5m
【樹冠幅】東西 10.0m、南北 12.5m(2003年調査)

基本情報

所在地

佐渡市真野

交通アクセス

●両津港より車で35分
●小木港より車で40分
●赤泊港より車で35分

駐車場

●普通車:無し

料金

無料

備考

【市指定天然記念物】
●指定年月日:平成16年3月1日 

お問い合わせ先

お問い合わせ先名称

佐渡市世界遺産推進課文化財室

電話番号

0259-63-3195

ファクス番号

0259-63-3197

観光施設情報

記念物

周辺スポットを探す

施設一覧

地図下部のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

大きな地図で見る

範囲の絞り込み

  •