ホーム > 新潟を知る > 青木城跡

旅の計画作って伝える!マイ旅プラン

登録済みの
目的地

00件

ここから本文です。

マイ旅プランの目的地に追加

更新日:2014年4月16日

青木城跡

Photo

新穂川扇状地の末端部、沖積地に接する徴高地上に構築された単郭単濠の村殿の館跡です。
郭内は「城の内」「堀」などの地名をもつ東西約80m、南北約120mのはば長方形プランの郭で、北・西・南の三方には土塁が残り、外側をめぐる幅10m前後の水濠も西側と南側に残ります。
北側・東側の水濠は水田と変わっています。
水濠の水は堀底からの湧水によって補われており、隣接する北方城や新穂城の堀の水と同じく領内水田の灌漑用水源となっています。
灌漑用水を押さえた中世の武士のあり方を示したものといえます。

郭内南東部には城内鎮守八幡の小南の跡があり、外郭部には「外城」の地名がとり巻きます。
「中通」「古小路」「表小路」などの通りや町屋も配されています。
この館跡の西方120mほどの水田地内に「平城」の地名がみられますが、初期の館跡でしょう。
15世紀前半には「青木殿」(本間姓)と呼ばれる村殿の名が記録にみられますが、雑太地頭本間氏のもとにあった地侍でしょう。
戦国期末には吉井地頭藍原氏の配下に変わったようです。

郭内からは珠州焼きの壷やその破片、染付片などが出土しています。
要害(山城)は新穂ダムの脇に地名を残しています。

基本情報

所在地

佐渡市新穂青木

交通アクセス

●両津港より車で20分
●小木港より車で45分
●赤泊港より車で45分

駐車場

●普通車:有り(無料)

備考

【県指定記念物(史跡)】
●指定年月日:昭和52年3月31日
●時代:室町

お問い合わせ先

お問い合わせ先名称

佐渡市世界遺産推進課文化財室文化財

電話番号

0259-63-3195

ファクス番号

0259-63-3197

観光施設情報

記念物

周辺スポットを探す

施設一覧

地図下部のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

大きな地図で見る

範囲の絞り込み

  •