ホーム > 新潟を知る > 木食行道遺作大黒天像(佐渡博物館管理)

旅の計画作って伝える!マイ旅プラン

登録済みの
目的地

00件

ここから本文です。

マイ旅プランの目的地に追加

更新日:2014年4月16日

木食行道遺作大黒天像(佐渡博物館管理)

Photo

この大黒天像は木食行道(もくじきぎょうどう)の作で、カヤ材の一木造り、像の高さ94cm、像の幅38cm、木地のままの姿です。顔には微笑をたたえ、俵(たわら)・瓢箪(ひょうたん)・宝珠(ほうじゅ)・鼠(ねずみ)を配しています。像の背面には
「天下和順日月清明七難即滅‥・・‥七福即来日本回国木食(花押)天明二年(1782)寅ノ六月子日」
の墨書があり、木食行道の作であることを裏付けています。
本像は、もともと金北山山頂の金北山神社にあったものといわれ、文政5年(1822)4月から天保3年(1832)1月、泉本正助が佐渡奉行のときに行われた社殿修復に伴って発見され、奉行所に移されました。奉行が任期を終えて江戸に帰るとき、組頭であった河島才右衛門由負に授けられ、河島が江戸転役のおりに、広間役の山中喜寛が預り受けることとなり、山中家に移されて、代々引き継がれたものといいます。本像は金北山への木食行道の祈願を示す彫刻であるとともに、佐渡における木食信仰の一面を知る資料として貴重なもので、現在は佐渡博物館で委託展示されています。

基本情報

所在地

八幡2047

交通アクセス

その他からのアクセス/両津港よりバスで45分または車で30分
●小木港よりバスで50分または車で40分

駐車場

普通車/有り
大型車/有り

営業時間

8時00分~17時00分
(4月1日~10月31日)
8時30分~16時00分
(11月1日~3月31日)
定休日/年末

料金

●入館料:一般700円高校生500円中学生400円小学生200円
(団体…20名以上1割引、100名以上2割引、300名以上3割引)

備考

市指定文化財有形文化財美術工芸品(彫刻)
指定年月日:平成16年3月1日
所有者:個人蔵
管理者:佐渡博物館管理 

お問い合わせ先

お問い合わせ先名称

財団法人 佐渡博物館

電話番号

0259-52-2447

ファクス番号

0259-52-2447

観光施設情報

記念物

周辺スポットを探す

施設一覧

地図下部のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

大きな地図で見る

範囲の絞り込み

  •