ホーム > 新潟を知る > 長安寺

旅の計画作って伝える!マイ旅プラン

登録済みの
目的地

00件

ここから本文です。

マイ旅プランの目的地に追加

更新日:2014年4月16日

長安寺

Photo

長安寺は、天長年間の開創と伝えられ、本間氏の祈願所として栄えた寺です。

【木造阿弥陀如来坐像】
この阿弥陀如来坐像は、平安後期の作といわれています。
像の高さは87cm、像容はおだやかでよく整い、衣文(えもん)のひだの彫りも浅く美しい阿弥陀如来像です。
像は檜材の寄木造り漆箔で、頭部に肉髻(にっけい)や螺髪があり、光背は二重輪光、ひたいに水晶の白毫がはめこまれています。
両手は阿弥陀定印を結び、像と同じ檜材寄木造りの茸寄九重蓮華坐に結跏趺坐しています。

【銅鐘】
13世紀ころに鋳造されたといわれる朝鮮鐘です。
朝鮮鐘は、鐘を吊る環にあたる竜頭(りゅうず)の脇に旗挿(はたさし)と呼ばれる円筒がついていることや、鐘の上端や下端に装飾文様があることなどが特徴です。
この銅鐘にも、雄壮な竜頭の脇に旗挿があり、上下端に唐草(からくさ)文様の装飾が施されています。
福井県の海底から引きあげられて寄進されたものだといわれていますが、日本に現存する朝鮮鐘47口のうちの一つで、県内では唯一のものです。

基本情報

所在地

佐渡市久知河内152

交通アクセス

●両津港より車で15分
●小木港より車で70分
●赤泊港より車で70分

駐車場

●普通車:有り(無料)

料金

無料

備考

【国指定重要文化財】
●名称:木造阿弥陀如来坐像
●種別:彫刻
●指定年月日:明治39年4月14日
●員数:1躯
●所有者又は管理者:長安寺
●時代:平安後

●名称:銅鐘
●指定年月日:明治39年4月14日
●種別:工芸品
●所有者・管理者:長安寺
●時代:朝鮮式(13世紀)

お問い合わせ先

お問い合わせ先名称

長安寺

電話番号

0259-27-7618

観光施設情報

文化財

周辺スポットを探す

施設一覧

地図下部のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

大きな地図で見る

範囲の絞り込み

  •