ホーム > 新潟を知る > 大椋神社の大カヤ

旅の計画作って伝える!マイ旅プラン

登録済みの
目的地

00件

ここから本文です。

マイ旅プランの目的地に追加

更新日:2014年4月16日

大椋神社の大カヤ

Photo

社殿の正面に立ち雄大なこのカヤの木は、樹齢600年以上、樹高30m、胸高幹周は5mあります。
赤泊地区を象徴する木として、カヤの木が指定されています。
カヤは堅牢緻密な材質で碁盤材に最も適しています。
元々徳和はカヤ山であり、カヤの林の中に家々があったと言います。
幕末には徳和を中心として赤泊地区では600石のカヤの実が採取され、村の一大産物であったそうです。

基本情報

所在地

佐渡市徳和518

交通アクセス

●両津港より車で80分
●小木港より車で30分
●赤泊港より車で5分

料金

無料

備考

【市指定天然記念物】
●名称:大椋神社の大榧
●指定年月日:平成16年3月1日

お問い合わせ先

お問い合わせ先名称

佐渡市世界遺産推進課文化財室

電話番号

0259-63-3195

ファクス番号

0259-63-3197

観光施設情報

記念物

周辺スポットを探す

施設一覧

地図下部のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

大きな地図で見る

範囲の絞り込み

  •