ホーム > 新潟を知る > 鷺流狂言

旅の計画作って伝える!マイ旅プラン

登録済みの
目的地

00件

ここから本文です。

更新日:2014年4月16日

鷺流狂言

Photo

江戸時代の狂言の流儀には大蔵、鷺、和泉の三流があったが、明治維新により一時ほとんど廃絶しました。
そんな中、1876年頃から各流儀の芸は再興したものの、鷺流だけは廃絶の道をたどりました。
明治末には能世界から鷺流狂言の流れをくむものと認められ、1984年には県の指定文化財となり、鷺流狂言研究会が結成され、保存、後継者育成がすすめられています。

基本情報

所在地

佐渡市野地区

備考

【県指定無形文化財(芸能)】
●名称:佐渡鷺流狂言
●指定年月日:昭和59年3月27日
●所有者又は管理者:保護団体 佐渡鷺流狂言研究会 佐渡市教育委員会真野事務所

お問い合わせ先

お問い合わせ先名称

佐渡観光協会中央支部

電話番号

0259-55-3589 

ファクス番号

0259-55-3589 

観光施設情報

記念物