ホーム > 新潟を知る > 大願寺

旅の計画作って伝える!マイ旅プラン

登録済みの
目的地

00件

ここから本文です。

マイ旅プランの目的地に追加

更新日:2014年4月16日

大願寺

日本全国の時宗寺院の中で最も敷地面積が広いお寺

Photo

大願寺は満松山といい、松林の寺院として知られる時宗清浄光寺の末寺です。
開山は1345年遊行七代託阿上人によるものとされていますが、実際には弟子の二世託岸に開かれた寺院です。
1589年に上杉景勝の佐渡攻めで兵火に寺堂を焼かれましたが、1608年に再建され、相川にも大願寺を開き鎮守天神社を祀りました。

【木造阿弥陀如来立像】
鎌倉時代の中ごろに作られたと思われ、中央の作り方の影響を受けています。
像の高さは90cmで、ひのきの寄木作りの仏像です。
漆箔がほどこしてあり、玉眼がはめこまれています。
顔の表情はおごそかで、体には力強さがあります。
昭和28年に解体修理が施されました。

基本情報

所在地

佐渡市四日町615

交通アクセス

●両津港より車で30分
●小木港より車で40分
●赤泊港より車で45分

駐車場

●普通車:有り(無料)

料金

無料

備考

【県指定有形文化財美術工芸品(彫刻)】
●名称:木造阿弥陀如来立像
●指定年月日:昭和27年12月10日

お問い合わせ先

お問い合わせ先名称

大願寺

電話番号

0259-55-2127

ファクス番号

0259-55-2127

観光施設情報

記念物

周辺スポットを探す

施設一覧

地図下部のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

大きな地図で見る

範囲の絞り込み

  •