ホーム > 新潟を知る > のろま人形

旅の計画作って伝える!マイ旅プラン

登録済みの
目的地

00件

ここから本文です。

更新日:2014年4月16日

のろま人形

Photo

広栄座の所有する50個ほどの人形首は全国的に見て、最も揃った古浄瑠璃の首だと言われています。
中でも説経人形の首6個、のろま人形の首4個は、特に歴史的価値を持つものです。

【仏師】
にやりと目尻に笑いの表情のある狡猾な仏師で、いかにも腹黒そうな感じを与えます。

【下の長者】
寛文、延宝の頃江戸の泉太夫座で、頭が平たくいやしげな青黒い青頭と呼ばれる人形の首を使ったと言います。
べったりと青く塗られたこの首は幻想的な美しさがあります。

【木の助】
のろま人形の花形は、愚鈍なお人好しの木の助です。
この首は今は彩色下地の顔料を点々と残すだけで、木地が露呈して所々飴色になっています。
顔の不均整からくる間抜けな様は、おかしさを巧みに表した名作です。

【お花】
狂言面の乙のさらに卑俗化したもので、両頬が突起し鼻は極端に小さく低くなっています。
好人物で、少し足りない女に感じられます。

基本情報

所在地

佐渡市

備考

【国指定重要無形民俗文化財】
●名称:佐渡の人形芝居
●指定年月日:昭和52年5月17日
●保持団体:佐渡人形芝居保存会

【県指定有形民俗文化財】
●名称:人形首(説教人形、のろま人形)
●指定年月日:昭和34年3月4日
●所有者又は管理者:広栄座・新穂歴史民俗資料館

お問い合わせ先

お問い合わせ先名称

佐渡観光協会

電話番号

0259-27-5000

ファクス番号

0259-23-5030

観光施設情報

記念物