ホーム > 新潟を知る > とのさま杉

旅の計画作って伝える!マイ旅プラン

登録済みの
目的地

00件

ここから本文です。

マイ旅プランの目的地に追加

更新日:2014年4月16日

とのさま杉

Photo

とのさま杉は樹高18m、幹周4.28m、3人抱えの大杉で、新穂の青木停留所より山側に500mの青木集落のはずれにあります。
青木のとのさま杉、青木殿杉、上大門杉とも呼ばれています。
樹容はととのったピラミッド型で、その遠望は美しく見えます。
根元に青木の殿様の墓と伝えられる墓石の一基があります。

この杉は明治の末頃、区民が伐採しようとしたものを所有者の斉藤家の当主が5円で買い取ったものです。
斎藤氏は青木城の四家老の一人です。
中世の地頭の青木殿は、室町時代に本間季高が城主になるやその勢威は強大となり、青木郷を支配しました。
当時の青木郷は、島から瓜生屋を含んで国見山に達する広く長い郷でした。
広大な領地と膨大な山林を所有し、飛郷の前浜と大川をも支配し、新穂城主を凌いで国仲地方に君臨したといいます。
1589年の上杉景勝の佐渡攻めによって、佐渡の地頭や村殿達は滅亡しました。
今は青木殿はとのさま杉の根元に墓石一基を残すだけです。
この杉は植えられたものではなく、天然杉のレリックです。
1694年の元禄検地によると、当時山は樹種によって、松林、雑木山、柴山、薪山、竹林の5つに大別されていました。
佐渡奉行所直轄林である御林も多くありました。
1769年の新穂村御林のスギの本数は5万2510本、アカマツは1200本で、5万本をこす天然杉の巨木の原生林です。
このような御林は新穂以外に、正明寺、田野沢、潟上の山にもありました。

基本情報

所在地

佐渡市新穂青木

交通アクセス

●両津港より車で約20分
●小木港より車で約45分

駐車場

無し

料金

無料

備考

【市指定天然記念物】
●名称:新穂青木のとのさま杉
●指定年月日:平成16年3月1日 

お問い合わせ先

お問い合わせ先名称

佐渡市世界遺産推進課文化財室

電話番号

0259-63-3195

ファクス番号

0259-63-3197

観光施設情報

記念物

周辺スポットを探す

施設一覧

地図下部のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

大きな地図で見る

範囲の絞り込み

  •