ホーム > 新潟を知る > 白山神社(沢根)の絵馬

旅の計画作って伝える!マイ旅プラン

登録済みの
目的地

00件

ここから本文です。

マイ旅プランの目的地に追加

更新日:2014年4月16日

白山神社(沢根)の絵馬

Photo

祈願のために神社に絵馬を奉納する風習は、古くから日本の各地で行われてきました。
絵馬の起源については諸説があり、最初は馬を神に奉納したものでしたが、後に馬の絵に代えられたものとされています。
馬以外の絵を描いたものも少なくありません。
白山神社の場合は船絵馬が多く、海上安全を祈った港町の庶民の生活が感じられます。
このような絵馬は、武者絵馬などを合わせて白山神社に29点あります。
白山神社に納められた絵馬は、沢根港に出入りした船主や船頭が、航海の安全を祈って奉納したものが多いです。
絵馬は板絵で泥絵具を使い、色彩鮮やかに描かれています。
額絵馬とよばれる大型のものは、縦77cm、横177cmで、最も多いものは縦31cm、横44cmの大きさのものです。
前者には著名な画家の筆によるものがあり、その中では、「奉納者相川柴町三河屋七兵衛、安政四巳十一月」が一番古いようです。
また、寺泊港の白山媛神社に奉納されているものと同一のものがあり、これは佐和田地区の青木栄作が奉納したものと思われます。

基本情報

所在地

佐渡市沢根町595

交通アクセス

●両津港より車で約40分
●小木港より車で約45分

駐車場

無し

料金

無料

備考

【市指定民俗文化財(有形の民俗文化財)】
●名称:白山神社絵馬
●指定年月日:平成16年3月1日
●所有者又は管理者:白山神社 

お問い合わせ先

お問い合わせ先名称

佐渡観光協会中央支部

電話番号

0259-55-3589 

ファクス番号

0259-55-3589 

観光施設情報

記念物

周辺スポットを探す

施設一覧

地図下部のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

大きな地図で見る

範囲の絞り込み

  •