ホーム > 新潟を知る > 羽茂城跡

旅の計画作って伝える!マイ旅プラン

登録済みの
目的地

00件

ここから本文です。

マイ旅プランの目的地に追加

更新日:2014年4月16日

羽茂城跡

Photo

羽茂城跡は、室町時代初期に構築された羽茂本間氏の居城跡です。
1589年6月16日、上杉氏の佐渡攻めによって落城しました。
城跡は、天険利用の典型的な中世城跡です。

【直江兼続と羽茂城】
豊臣秀吉より佐渡征伐を命じられた上杉景勝は、1589年6月12日に出雲崎から数百艘の船で沢根に上陸して翌日、河原田城を攻略しました。
その後16日に羽茂城を攻め、実質4日間で佐渡を平定しました。
城主の本間高貞は子息の赤泊城主・本間高頼とともに海上に逃亡しましたが、捕えられ斬首され、佐渡と金銀山は上杉領となりました。
その後、羽茂城には兼続配下の大井田監物が在番していましたが、1598年に上杉氏が会津に転封、その後佐渡が江戸幕府直轄の天領になると、城も廃されました。 

基本情報

所在地

佐渡市羽茂本郷946

交通アクセス

●両津港より車で60分
●小木港より車で20分
●小木港よりバスで15分、下車後、徒歩で10分

駐車場

●普通車:有り(無料)

料金

無料

備考

【県指定記念物(史跡)】
●指定年月日:1955年2月9日
●所有者又は管理者:佐渡市
●時代:室町

お問い合わせ先

お問い合わせ先名称

佐渡市教育委員会羽茂事務所

電話番号

0259-88-2230

ファクス番号

0259-88-3392

観光施設情報

記念物

周辺スポットを探す

施設一覧

地図下部のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

大きな地図で見る

範囲の絞り込み

  •