ホーム > 新潟を知る > 鮫ケ尾城跡(斐太歴史の里)

旅の計画作って伝える!マイ旅プラン

登録済みの
目的地

00件

ここから本文です。

マイ旅プランの目的地に追加

更新日:2015年3月11日

鮫ケ尾城跡(斐太歴史の里)

Photo

戦国時代に上杉謙信が信越国境の軍事拠点として築いた。春日山城の重要な支城の一つ。謙信没後に起こった「御館の乱」の際に、敗走してきた景虎が立てこもり関東下向を前にして非業の死を遂げたことで有名。城主は堀江宗親。発掘調査により、焼けた陶磁器やおにぎりが出土している。

基本情報

所在地

妙高市宮内・雪森・籠町地内

交通アクセス

●「北新井駅」より徒歩で30分
●上信越自動車道「新井SIC」より車で5分

駐車場

●普通車:有り

料金

無料

備考

●国指定文化財(記念物-史跡)
※平成20年7月28日指定

お問い合わせ先

お問い合わせ先名称

妙高市教育委員会

電話番号

0255-74-0035

ファクス番号

0255-72-3902

観光施設情報

記念物

周辺スポットを探す

施設一覧

地図下部のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

大きな地図で見る

範囲の絞り込み