ホーム > 新潟を知る > 関山宝蔵院跡

旅の計画作って伝える!マイ旅プラン

登録済みの
目的地

00件

ここから本文です。

マイ旅プランの目的地に追加

更新日:2015年3月11日

関山宝蔵院跡

Photo

関山神社社殿の北約120mに位置する。現存する建物はなく、礎石や庭園だけが残されている。江戸時代使用された寺坊は、明治11年(1878)の明治天皇の北陸巡幸に際して、東本願寺新井別院の庫裏の部材として転用された。庭園は文明10年(1478)に当代随一として称えられた連歌師の宗祇が訪れ、連歌会の発句でその庭園美を賞賛したほどである。平成6年に有志により宗祇の句碑が建立された。

基本情報

所在地

妙高市関山4808

交通アクセス

●トキ鉄・妙高はねうまライン「関山駅」よりバスで5分、または徒歩で15分
●上信越自動車道「妙高高原IC」または「中郷IC」より車で10分

駐車場

●普通車:有り

備考

●県指定文化財(記念物-史跡)
※昭和55年4月15日指定

お問い合わせ先

お問い合わせ先名称

妙高市教育委員会

電話番号

0255-74-0035

ファクス番号

0255-72-3902

観光施設情報

記念物

周辺スポットを探す

施設一覧

地図下部のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

大きな地図で見る

範囲の絞り込み