ホーム > 新潟を知る > 浄興寺

旅の計画作って伝える!マイ旅プラン

登録済みの
目的地

00件

ここから本文です。

マイ旅プランの目的地に追加

更新日:2015年3月25日

浄興寺

Photo

親鸞聖人が常陸国(茨城県)で「教行信証」を著した寺で、正式には歓喜踊躍山浄土真宗興行寺といい、聖人が自ら略して浄興寺といいました。
川中島合戦で焼失し、その後、謙信公により当地に移りました。
国指定文化財の本堂や、聖人の頂骨を納めた御本廟の彫刻は目を見張るものがあります。

また、浄興寺のある寺町は、高田城築城の折に、城の防衛のため城下の西側に作られたものです。
現在も63もの寺院が集まり、通りを挟んで二列に整然と配置される寺町の景観は、大変珍しい寺院群として全国的にも他に礼を見ないものと言われています。

基本情報

所在地

上越市寺町2-6-45

交通アクセス

●トキ鉄・妙高はねうまライン「高田駅」より徒歩で10分
●北陸自動車道「上越IC」より車で20分
●上信越自動車道「上越高田IC」より車で10分

駐車場

●普通車:有り

営業時間

●営業時間:9時~16時
●定休日:無休

料金

【宝物殿】
●大人:500円
●高校生:300円
●小・中学生:200円

お問い合わせ先

お問い合わせ先名称

浄興寺志納所

電話番号

025-524-5970

ファクス番号

025-526-3322

観光施設情報

記念物

周辺スポットを探す

施設一覧

地図下部のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

大きな地図で見る

範囲の絞り込み