ホーム > 新潟を知る > 箕冠城跡

旅の計画作って伝える!マイ旅プラン

登録済みの
目的地

00件

ここから本文です。

マイ旅プランの目的地に追加

更新日:2015年3月25日

箕冠城跡

Photo

箕冠城は、標高237mの中世の典型的な山城。越後の守護大名上杉氏の家臣・大熊氏により築城された春日山城の支城群の一城で、信越国境を警備する重要な任務を持っていました。

本丸跡には、見事な古松が繁茂しており、ここから春日山城跡、高田平野、日本海、信越国境の山々が眺望できます。二の丸跡に「箕冠山城跡」と刻まれた石碑が立っており、城山全体に曲輪、空堀、土塁、門跡、鎧井戸、清水など、戦国時代の遺構がよく残っています。鎧井戸は幅1.2mで今日も水を満々とたたえています。

本丸跡まで歩いて10分位のところまで車で行くことができ、ハイキングには格好の場所です。

基本情報

所在地

上越市板倉区山部

交通アクセス

●トキ鉄・妙高はねうまライン「新井駅」よりバスで25分、下車後、徒歩で15分
●上信越自動車道「上越高田IC」より車で35分、徒歩で10分

駐車場

●普通車:有り

お問い合わせ先

お問い合わせ先名称

上越市板倉区総合事務所

電話番号

0255-78-2141

ファクス番号

0255-78-3984

周辺スポットを探す

施設一覧

地図下部のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

大きな地図で見る

範囲の絞り込み