ホーム > 新潟を知る > アンニンゴ酒とマタタビ酒

旅の計画作って伝える!マイ旅プラン

登録済みの
目的地

00件

ここから本文です。

更新日:2014年4月16日

アンニンゴ酒とマタタビ酒

山の恵みのお酒

Photo

さんさい共和国が開発したリキュール珍酒です。山菜会館で取り扱っております。

●アンニンゴ酒
ウワミズザクラ(上溝桜)の若い花穂を塩漬けした「アンニンゴ(杏仁子)」の実を使って造ったお酒が「アンニンゴ酒」です。

●マタタビ酒
疲れた旅人が食べたところ、再び旅を続けることが出来るようになったという説から「又旅」と名づけられた実でつくったお酒です。

基本情報

所在地

魚沼市大白川389/山菜会館

交通アクセス

●JR只見線「大白川駅」より徒歩で20分
●関越自動車道「小出IC」より車で50分

駐車場

●普通車:30台
●大型車:2台

営業時間

山菜会館:8時~17時
定休日/月曜日
※山菜工場のみ日曜日

お問い合わせ先

お問い合わせ先名称

入広瀬山菜組合

電話番号

025-796-2534

ファクス番号

025-796-2448

周辺スポットを探す

施設一覧

地図下部のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

大きな地図で見る

範囲の絞り込み

  •