ホーム > 新潟を知る > 芭蕉園

旅の計画作って伝える!マイ旅プラン

登録済みの
目的地

00件

ここから本文です。

マイ旅プランの目的地に追加

更新日:2014年4月16日

芭蕉園

荒海や佐渡に横たふ天の河

Photo

元禄2年(1689)、芭蕉は奥の細道の旅の杖を出雲崎にとどめ「荒海や佐渡によこたふ天河」の名吟を残しました。昭和29年7月(1954)芭蕉真筆の「銀河の序」全文を拡大彫刻した句碑と平成元年、奥の細道300年を記念して建立された芭蕉像が建つ庭園です。また、園内には俳句ポストが設置され、年1回選句を行い、句集を作成しております。

実際に芭蕉が一泊した大崎屋跡は向かいにあり、ここは良寛生家橘屋と権力争いをした廻船問屋敦賀屋の跡地であります。

基本情報

所在地

大字住吉町556-甲(芭蕉園内)

交通アクセス

最寄り駅からのアクセス/JR越後線「出雲崎駅」から出雲崎車庫行きバス約8分、「良寛記念館前」下車後徒歩約5分
最寄りICからのアクセス/北陸自動車道「西山IC」から車で約15分

駐車場

普通車/なし

お問い合わせ先

お問い合わせ先名称

出雲崎町産業観光課

電話番号

0258-78-2291

ファクス番号

0258-78-4483

周辺スポットを探す

施設一覧

地図下部のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

大きな地図で見る

範囲の絞り込み

  •