ホーム > 新潟を知る > 綱掘式石油井戸C-2号

旅の計画作って伝える!マイ旅プラン

登録済みの
目的地

00件

ここから本文です。

マイ旅プランの目的地に追加

更新日:2014年4月16日

綱掘式石油井戸C-2号

Photo

宝田石油会社(後に日本石油(株)と合併)が掘削した「綱掘式削井機の2号井」で明治30年5月23日から昭和60年12月1日まで使用されて、抗内の深さは649.45mで、付近にはC-9号(T7.5.23採油開始)C-10号(T8.8.10採油開始)がありました。

この削井機は明治23年に尼瀬の日本石油(株)が米国から最初に輸入(C-1号)した機種と同型で、それまで手掘りによる浅層採油だけに頼っていました。

掘削方法は、蒸気機関を動力とするウオーキングビームの上下運動により、ロープに吊るされたビットが坑底を衝撃して掘り進むもので、これを契機に石油業の近代化が始まりました。

尼瀬油田の最盛期は、明治22年~31年の10年間で手掘り井戸も含めて多くの井戸があり、明治27年では日産16,910Lでした。しかし昭和26年には日産44L、昭和60年には日産9Lとなっていきました。一方天然ガスは日産3,000L平方メートル噴出していました。

なお、現在のC-2号は廃坑作業後に昭和62年施設保存のために、同じ場所で地下部を密閉し、井戸芯を9m残した状態で櫓とポンピングパワーを復元したものです。

基本情報

所在地

大字尼瀬

交通アクセス

最寄り駅からのアクセス/JR越後線「出雲崎駅」から出雲崎車庫行きバス約8分、バス停「良寛堂前」下車後徒歩約20分
最寄りICからのアクセス/北陸自動車道「西山IC」から車で約15分

駐車場

普通車/なし

お問い合わせ先

お問い合わせ先名称

出雲崎町産業観光課

電話番号

0258-78-2291

ファクス番号

0258-78-4483

周辺スポットを探す

施設一覧

地図下部のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

大きな地図で見る

範囲の絞り込み

  •