ホーム > 新潟を知る > 判官舟かくし

旅の計画作って伝える!マイ旅プラン

登録済みの
目的地

00件

ここから本文です。

マイ旅プランの目的地に追加

更新日:2017年2月16日

判官舟かくし

源義経の伝説のひとつ

Photo

文治3年3月(1187年)、源判官義経が兄頼朝に追われ、奥州平泉に海路落ちのがれる際、追手を避けて舟とともに身をかくした洞穴と伝えられています。
大小二つの洞穴があり、向かって右が奥行28m、幅4~5m、天井の高さは海面から6.6~2.5m。左側は奥行14m、幅2m、天井の高さは海面から4~5m。
現在は新潟市文化財に指定されています。
(昭和42年3月巻町文化財に指定)

基本情報

所在地

新潟市西蒲区角田浜

交通アクセス

●JR越後線「巻駅」よりバスで30分
●北陸自動車道「巻潟東IC」より車で30分

駐車場

●普通車:有り

備考

駐車場は角田浜海水浴場駐車場を利用

お問い合わせ先

お問い合わせ先名称

新潟市西蒲区役所産業観光課

電話番号

0256-72-8454

ファクス番号

0256-72-6022

観光施設情報

記念物

周辺スポットを探す

施設一覧

地図下部のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

大きな地図で見る

範囲の絞り込み