ホーム > 新潟を知る > 荒川神社奉納模型和船・船絵馬

旅の計画作って伝える!マイ旅プラン

登録済みの
目的地

00件

ここから本文です。

マイ旅プランの目的地に追加

更新日:2016年5月26日

荒川神社奉納模型和船・船絵馬

Photo

桃崎浜の荒川神社に奉納された模型和船は、裏日本海運界に活躍した北前船の正確な模型の雨船と日和船とよばれる二隻です。
雨船は、明和5年(1768)、日和船は嘉永3年(1850)の製作で、いずれも当浜の廻船問屋三浦関右衛門が奉納したものです。船絵馬の奉納点数は86点(内指定85点)。そのうち、天保8年(1837)から明治11年(1878)までが69点、不明が17点あります。
奉納者のほとんどが荒川湊の船主・船頭たちで、航海の安全を祈ったり、祈願達成のお礼として奉納したものといわれ、幕末期から近代にかけての湊の繁栄をうかがわせています。

●雨船:全長356cm、幅78cm、高さ43cm。
●日和船:全長348cm、幅78cm、高さ52.5cm。

※見学の際は、事前連絡が必要です。

基本情報

所在地

胎内市桃崎浜187/胎内市文化財収蔵庫

交通アクセス

●JR羽越本線「坂町駅」より車で15分
●日本海東北自動車道「荒川胎内IC」より車で10分

駐車場

無し

営業時間

予約制

備考

国指定重要民俗資料(有形文化財)
※昭和45年7月30日指定

お問い合わせ先

お問い合わせ先名称

胎内市学校教育課

電話番号

0254-43-6111

観光施設情報

記念物

周辺スポットを探す

施設一覧

地図下部のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

大きな地図で見る

範囲の絞り込み