ホーム > 新潟を知る > 八所神社宮殿

旅の計画作って伝える!マイ旅プラン

登録済みの
目的地

00件

ここから本文です。

マイ旅プランの目的地に追加

更新日:2016年5月26日

八所神社宮殿

大同2年(807)創立、市川八所大明神と称し、奥山荘黒川条内乙郷44カ村の総鎮守として崇敬されてきたと伝えられる。現在の宮殿は、元和6年(1620)乙宝寺大日堂の南側の小高い丘に建立されました。
身舎桁5尺、染間4.5尺、向拝の出4尺の1間社流造りで、全体に一見して手筋の良さが感じられます。

基本情報

所在地

胎内市乙1112(乙宝寺境内)

交通アクセス

●JR羽越本線「坂町駅」より車で15分
●日本海東北自動車道「荒川胎内IC」より車で5分

駐車場

●普通車:50台

備考

県有形文化財
※平成5年3月30日指定

お問い合わせ先

お問い合わせ先名称

胎内市生涯学習課

電話番号

0254-43-6111

周辺スポットを探す

施設一覧

地図下部のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

大きな地図で見る

範囲の絞り込み