ホーム > 新潟を知る > 柏崎陣屋跡及び柏崎県庁跡

旅の計画作って伝える!マイ旅プラン

登録済みの
目的地

00件

ここから本文です。

マイ旅プランの目的地に追加

更新日:2016年11月24日

柏崎陣屋跡及び柏崎県庁跡

Photo

享保元年(1741)白河へ領地を移された松平定賢は、これまでの扇町陣屋(現在の西本町一丁目の喬柏園付近)を廃止し、翌年領内221箇村の総支配所として、東西100間、南北50間、総坪数5千坪の柏崎陣屋を大久保の高台に移しました。

陣屋内には、越後領を支配する御役所、天領を預かる預役所、各郡代官の詰める刈羽会所などの諸役所、郡代を筆頭にした役人とその家族の住む長屋などがありました。
明治に入ると、柏崎県庁がここに置かれましたが、柏崎県は明治6年6月、新潟県に統合されました。

当時を偲ばせる建物はありませんが、石碑のみが建っています。

基本情報

所在地

柏崎市大久保2丁目5-11

交通アクセス

●信越本線「柏崎駅」よりバスで15分
●北陸自動車道「柏崎IC」より車で15分

営業時間

通年

備考

市指定文化財(記念物-史跡)
※昭和51年2月20日指定

お問い合わせ先

お問い合わせ先名称

柏崎市文化振興課

電話番号

0257-23-5111

ファクス番号

0257-24-7714

観光施設情報

記念物

周辺スポットを探す

施設一覧

地図下部のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

大きな地図で見る

範囲の絞り込み