ホーム > 新潟を知る > お弁が滝

旅の計画作って伝える!マイ旅プラン

登録済みの
目的地

00件

ここから本文です。

マイ旅プランの目的地に追加

更新日:2017年4月4日

お弁が滝

Photo

お弁が滝は、柏崎の船頭藤吉と佐渡の小木の娘おべんとの悲恋の物語として伝えられている佐渡情話の悲しい恋の結末を迎えたところです。

◆青海川の海岸にある「お弁が滝」の云われ
藤吉は、仕事で佐渡に滞在中、おべんと恋仲になりましたが、藤吉には柏崎に妻子がいました。柏崎へ帰った藤吉を忘れられないおべんは、「たらい舟」に乗って毎晩藤吉に会いにきました。おべんの熱意が恐ろしくなった藤吉は、嵐の夜におべんが目当てにしていた番神岬の燈火を消してしまいました。おべんは目標を失い難破し、数日後そのなきがらは青海川の海岸に打ち上げられました。その場所に滝が落ちていたので、その滝を「お弁が滝」と呼ぶようになりました。

◆諏訪神社境内にある「おべんが松」の云われ
浪曲佐渡情話で有名な「お光吾作」の実在のモデルと伝えられている「小木の娘おべん・番神の漁師藤吉」が深い恋仲となり、その逢引きの場所がこの松の下と云われています。しかし、熱烈な思慕の情も悲恋に終わり、後世におべんを哀れんだ村人たちが、この松を「おべんが松」と呼ぶようになりました。世も移り変わり、今では縁結びの松として知られています。この由緒ある松も永年の風雪により枯れ倒れ、現存の松は、その根元より蘇り往時の恋の物語として偲ばれています。

●落差:50m
●展望ポイント:鴎が鼻付近、青海川海岸

基本情報

所在地

柏崎市大字青海川

交通アクセス

●JR信越本線「柏崎駅」よりバスで25分、下車後、徒歩で10分
●JR信越本線「青海川駅」より徒歩で3分
●北陸自動車道「米山IC」より車で5分

駐車場

●普通車:約50台(鴎ヶ鼻)

備考

※柏崎市青海川の鴎ヶ鼻から見ることができます。

お問い合わせ先

お問い合わせ先名称

柏崎市商業観光課

電話番号

0257-21-2334

ファクス番号

0257-24-7714

周辺スポットを探す

施設一覧

地図下部のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

大きな地図で見る

範囲の絞り込み