ホーム > 新潟を知る > 由之の歌碑

旅の計画作って伝える!マイ旅プラン

登録済みの
目的地

00件

ここから本文です。

マイ旅プランの目的地に追加

更新日:2014年4月16日

由之の歌碑

「身悲と川者心屋春くぞ旅寝春る月と雨とに屋ど盤もらせ天」由之

【由之の歌碑】
●原句
「身悲(ひ)と川者(は)、心屋春(やす)くぞ旅寝する月と雨とに屋ど盤(は)もらせ天(て)」由之
●読み
「身ひとつは、心安くぞ旅寝する月と雨とに宿は漏らせて」

●意味
この歌は、由之が岩子女子(不明の人)に、旅よりの便りの一部である。
「旅に出て気ままに旅で寝ているが、月と雨とが漏れて来ると、宿とは、与板の宿(松下庵か)が懐かしい」の意味と思われる。

(碑高140cm、幅50cm、昭和42年建立)

基本情報

所在地

与板町与板415

交通アクセス

最寄り駅からのアクセス/JR信越本線「長岡駅」からバスで40分、「与板仲町バス停」下車、徒歩5分
最寄りICからのアクセス/北陸自動車道「中之島見附IC」から車で20分

駐車場

普通車/なし

お問い合わせ先

お問い合わせ先名称

良寛歌碑保存会代表小林繁雄

電話番号

0258-72-2549

周辺スポットを探す

施設一覧

地図下部のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

大きな地図で見る

範囲の絞り込み

  •