ホーム > 新潟を知る > 五輪線刻塔婆

旅の計画作って伝える!マイ旅プラン

登録済みの
目的地

00件

ここから本文です。

マイ旅プランの目的地に追加

更新日:2016年3月14日

五輪線刻塔婆

市内に点在する29基の五輪線刻塔婆

Photo

五輪線刻塔婆とは、角柱状の自然石に五輪塔の形を線で刻んだ塔婆のことで、板碑ともいう。鎌倉時代から南北朝時代を中心に死者の供養などを願い建立された。判明している市内最古の板碑は、泉福寺にある弘安8年(1285)のもの。県内各地でも出土しているが、五輪塔を線刻したものは少なく、この地方の特色といえる。

基本情報

所在地

五泉市甲6335-1(寺町、正円寺)他

交通アクセス

●JR磐越西線「五泉駅」より車で20分など
●磐越自動車道「安田IC」より車で25分など

駐車場

●普通車:無し

備考

●市指定有形文化財

お問い合わせ先

お問い合わせ先名称

五泉市生涯学習課

電話番号

0250-42-5195

ファクス番号

0250-43-4190

観光施設情報

文化財

周辺スポットを探す

施設一覧

地図下部のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

大きな地図で見る

範囲の絞り込み