ホーム > 新潟を楽しむ > イベント > 大地の芸術祭の里 越後妻有2014夏

旅の計画作って伝える!マイ旅プラン

登録済みの
目的地

00件

ここから本文です。

大地の芸術祭の里 越後妻有2014夏

アートを道しるべに里山をめぐる夏がやってくる

Photo

いよいよ来年に迫った芸術祭2015。そのプレ企画として、この夏、「大地の芸術祭の里越後妻有2014夏」を開催します。
拠点となる4施設での企画展やワークショップに加え、アーティストも参加しての集落のお祭りやイベントが集中する「祭りと宴の10日間」もスタート。
芸術祭参加予定のアーティストも動きだします。越後妻有ならではの夏を、ぜひご堪能ください。

【会場】越後妻有地域(十日町市・津南町)
【料金】パスポート(開催期間中有効):大人2,000円、小中学生1,000円
※パスポート有効期間:2014年8月1日~31日
※以下の企画展もご覧いただけます。

≪期間中の主なイベント≫
●会場:越後妻有里山現代美術館[キナーレ]
【企画展】「全ての場所が世界の真ん中-1/100の妻有~里山と集落をめぐって」
約10年の歳月をかけて育んできた集落のアートプロジェクトが、美術館にやってきます。1年半をかけて、石川直樹が撮り下ろした里山の写真を初公開。美術館にいながら、集落の旅を体験できます。
【会期】2014年7月19日~10月13日(水曜休館 ※8月14日は開館)
【料金】大人1,000円、小中学生600円
■会場:まつだい「農舞台」
【企画展】「限界芸術百選プロジェクト 田中みずき銭湯ペンキ絵展」
「ペンキ絵」というアートの周辺にある職人芸を、限界芸術のひとつとして紹介。日本に3名となったペンキ絵師によるペンキ絵で、松代の名所を描きます。
【会期】2014年7月19日~10月26日
【料金】大人600円。小中学生400円(隣りの「まつだい郷土資料館」と共通)
■会場:絵本と木の実の美術館
【企画展】「あべ弘士の、どうぶつまみれでオオサワギ?!」夏の巻
絵本「あらしのよるに」でおなじみの作家・あべ弘士さんは、25年間、旭山動物園で飼育員をしながら動物を描き続けてきました。この夏、期間限定の「鉢どうぶつ園」が開園します!
【会期】2014年7月19日~9月23日(水・木曜休館 ※8月は無休、臨時休館7月14日~7月18日)
【料金】大人700円、小中学生300円

★祭りと宴の10日間
【会期】2014年8月8日~17日
●8月8日
・植物採集「プラントハントをしよう!」(キナーレ)
・「空を見上げる」石鹸絵が登場(~8月17日、キナーレ)
●8月9日
・風の便りを出そう!(キナーレ)
・越後里山怪談(農舞台)
・かかし隊と里山遊び(農舞台)
●8月10日
・風の便りを出そう!(キナーレ)
・かかし隊と里山遊び(農舞台)
・里山の生き物探検(キョロロ)
●8月11日
・標本作り講座(キョロロ)
●8月12日
・里山の生き物探検(キョロロ)
・越後妻有の林間学校(~8月14日)
●8月13日
・星峠集落×日芸運動会
・里山の生き物探検(キョロロ)
●8月14日
・小谷集落×仮装盆踊り
・アーティストトーク(キナーレ)
・朝顔スケッチ大会(キナーレ)
・標本作り講座(キョロロ)
●8月15日
・莇平集落×日比野克彦
・星峠集落×日芸
・里山の生き物探検(キョロロ)
●8月16日
・川治集落×鬼太鼓座
・鉢集落×梅津和時こまっちゃクレズマ4
・昆虫解剖講座(キョロロ)
・かかし隊と里山遊び(農舞台)
●8月17日
・和太鼓サミット(農舞台)
・里山の生き物探検(キョロロ)
・かかし隊と里山遊び(農舞台)
・みんなでビオトープをつくろう!(絵本と木の実の美術館)

≪開館作品≫
■連日開館
十日町市博物館(月曜休)、越後妻有里山現代美術館[キナーレ](水曜休)、光の館、まつだい「農舞台」・まつだい郷土資料館(水曜休)、絵本と木の実の美術館(水木曜休、8月無休)、「森の学校」キョロロ(火曜休、8月無休)

■土日祝+祭りと宴の10日間のみ開館
鞍掛純一+日本大学芸術学部彫刻コース「脱皮する家」(コロッケハウス)、クリスチャン・ボルタンスキー+ジャン・カルマン「最後の教室」、「うぶすなの家」、 マリーナ・アブラモヴィッチ「夢の家」(収穫の家、エリクシール)、前山忠堀川紀夫「ギャラリー湯山」、みかんぐみ+神奈川大学曽我部研究室「下条茅葺きの塔」、アトリエ・ワン+東京工業大学塚本研究室「船の家」、行武治美「再構築」

■祭りと宴の10日間(8月8日~8月17日)のみの開館
「妻有田中文男文庫」、酒百宏一「みどりの部屋プロジェクト」、トゥー・ザ・ウッズ「ベリースプーン」、青木野枝「空の粒子・西田尻」、東京電機大学山本空間デザイン研究室+共立女子大学堀ゼミ「うつすいえ」、アン・ハミルトン「Air for Everyone」、Bubb&Gravityfree with KEEN「出逢い DEAI」、日比野克彦「明後日新聞社文化事業部・想像する家」、川俣正「CIAN(中原佑介のコスモロジー)」、クロード・レヴェック「静寂あるいは喧噪の中で・手旗信号の庭」、マーリア・ヴィルッカラ「ブランコの家」、東京都市大学手塚貴晴研究室+彦坂尚嘉「黎の家」、塩田千春「家の記憶」、アンドリュー・バーンズ・アーキテクト「オーストラリアハウス」

大地の芸術祭の里 越後妻有2014夏の開催期間

2014年8月1日(金曜日)~2014年8月31日(日曜日)

基本情報

所在地

十日町市

お問い合わせ先

お問い合わせ先名称

「大地の芸術祭の里」総合案内所

電話番号

025-761-7767