旅の計画作って伝える!マイ旅プラン

登録済みの
目的地

00件

ここから本文です。

大須戸能

Photo

大須戸能は、江戸時代後期から大須戸地区の住民の間で伝承され、昭和30年には新潟県の無形文化財に指定されています。
嘉永5年(1852)2月の記録に「古来の能装束が切損し役に立たなくなったので奉納を願う」とあることから推して大須戸能の起源はこれよりなお久しく遡るものと推定されます。
伝によれば弘化元年(1844)の冬、庄内の黒川能役者蛸井甚助が当地に逗留した際、庄屋、神主など村人19人の能社中が、数年にわたり熱心な指導をうけ、嘉永4年3月鎮守八坂神社の社殿ではじめて演能したが、当時既に式三番のほか、能十五番を習得していたといいます。
神社の境内には、蛸井甚助が帰郷する際、記念に残したといわれる「黒川や上に流れて花の郷」なる句碑があります。
その後明治、大正、昭和にかけて更に庄内黒川より師を招き、新たに十番を習得しました。
能が神事として演じられたのは、昭和7年八坂神社が村社に昇格してからで、以前は1月11日の山神祭の日と、4月3日の節句に演じられていました。
八坂神社の境内には、古くから、能舞台が設けてあったが、雪害で壊れて以来しばらく再建を見なかった。その後、大正2年3月大正天皇即位を記念して建設した能舞台も老朽化し、昭和63年現在の能舞台が新設されました。

昭和30年に県無形文化財に指定。

大須戸能の開催期間

2018年4月3日(火曜日)、2018年8月15日(水曜日)

●4月3日:13時~

基本情報

所在地

●村上市大須戸/八坂神社境内
●朝日みどりの里(日本庭園特設会場)

交通アクセス

●JR羽越本線「村上駅」よりバスで35分、「塩野町車庫前」バス停下車後、徒歩で15分
●日本海東北自動車道「朝日まほろばIC」より車で17分

駐車場

●普通車:有り

料金

無料

備考

●毎年4月3日:大須戸八坂神社にて演能
●毎年8月15日:みどりの里物産会館で薪能
※雨天の場合、村上市総合文化会館

お問い合わせ先

お問い合わせ先名称

村上市役所生涯学習課

電話番号

0254-53-7511

ファクス番号

0254-52-4133

周辺スポットを探す

施設一覧

地図下部のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

大きな地図で見る

範囲の絞り込み