ホーム > 新潟を知る > 十王堂【木喰上人の仏像】

旅の計画作って伝える!マイ旅プラン

登録済みの
目的地

00件

ここから本文です。

マイ旅プランの目的地に追加

更新日:2014年4月16日

十王堂【木喰上人の仏像】

まんまるの「おびんづるさん」と、どこか愛らしい「えんまさま」

Photo

木喰仏を再発見し世に広めた民芸運動家・柳宗悦をして「特に威力の表現に於いて上人の作中傑出せるもの」と言わしめた閻魔大王の他、十王尊、頻頭盧尊者が残されている。
文化元年(1804年)から文化2年(1805年)にかけての作品で、木喰はここ柏崎の地で米寿を迎えている。
にこにこと満面の笑みをたたえる「おびんづるさん」は、頭もつるつると黒光りしており、長い間住民たちに愛され撫でられてきたことが伺える。

【主な作品】
・閻魔大王
・十王尊(6体)
・頻頭盧尊者

基本情報

所在地

関町4番34号(関町会館内)

交通アクセス

最寄り駅からのアクセス/JR信越本線「柏崎駅」より徒歩で約15分
最寄りICからのアクセス/北陸自動車道「柏崎IC」より車約15分

駐車場

普通車/3台

お問い合わせ先

お問い合わせ先名称

十王堂世話人・瀬下

電話番号

0257-23-4760

観光施設情報

記念物

周辺スポットを探す

施設一覧

地図下部のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

大きな地図で見る

範囲の絞り込み

  •