ホーム > 地酒を学びに、酒蔵見学へ行こう!

ここから本文です。

地酒を学びに、酒蔵見学へ行こう!

新潟清酒を満喫! 酒蔵の歴史も面白い!

全国的に評価の高い新潟の清酒。おいしさの秘密を知るには、酒蔵見学が一番。米どころの新潟の酒米と杜氏の高い技術、そして営まれてきた酒蔵の歴史を学ぶことで、新潟の地酒の魅力がさらに深まること間違いなし!

その蔵の地酒を試飲して、気に入ったらお土産にするのもおすすめです。

事前予約がおすすめ!

見学できる酒蔵をチェック!

県内には、見学が可能な酒蔵が多数あります。それぞれ個性にあふれ、魅力的ですが、お目当ての酒蔵(銘柄)があれば、事前に予約がベスト。いつでも受け入れ可能な蔵元もありますが、受付日が決まっていたり、予約が必要な場合もあります。また、せっかく酒蔵に行くのなら、試飲できないのはもったいないこと。できれば公共交通機関を利用して、出かけてみてください。

味と歴史を体感する酒蔵見学へ!

今回は、新潟市中央区にある酒蔵「今代司酒造」での見学体験をご紹介します。蔵元の山本さんにご案内していただきました。

新潟清酒は魅力いっぱいですよ。

酒造りの基本を学ぼう!

酒蔵見学では、地酒のおいしさの秘密、酒造りの基本を学ぶことができます。酒造りには多くの工程がありますが、どれも杜氏による熟練の技が不可欠。冬季に仕込みを行う酒蔵が多く、運が良ければその様子を見学できます。

五百万石や越淡麗などの酒米を精米し、洗米、蒸し、麹造り、酒母造りなどを経て、仕込み・醪(もろみ)造りになります。一般に吟醸、大吟醸という高級酒になるにつれ、精米の精度は高まり、大吟醸では約50%が磨かれ(削られ)①、贅沢に仕込まれ②ます。

ここから醪(もろみ)を25日前後低温発酵させます。酒蔵のイメージとして良く見かける杜氏による櫂(かい)入れ、はこの期間に朝晩2回行われます。

まずは酒造りの工程をご説明します。|(1)精米されたお米。精米割合が50%なら、約半分が削られている。(2)樽の中で発酵し、醪(もろみ)ができる。温度管理が大事なのだそう。

なるほど〜!

おいしい新潟清酒の誕生!

手間ひまかけた発酵の後、醪(もろみ)を酒と酒粕に分ける、絞りの工程になります。大きな蛇腹型③の「槽」と呼ばれる機械に醪(もろみ)を入れ、圧力をかけて酒を絞ります。絞られた清酒はさらに濾過し、透明な状態に近づけて行きます。ここでも酒の「テリ」を見分ける杜氏の目が重要になり、長年の経験が必要になります。透明になった清酒にも、まだ生きた状態で酵母や酵素などが入っていますので、湯の中に酒をくぐらせる火入れを行い、安定させます。

ここから巨大なタンク④で熟成させ、香り高く、深い味わいの新潟清酒が誕生します。通常、出来上がった清酒は酒瓶に詰められ出荷されますが、酒蔵見学では絞り立てやタンクから直接汲まれたお酒を試飲できる場合もあります。

酒造りって奥深いですね。|(3)醪(もろみ)を絞る「船」は巨大な機械。ここで原酒と酒粕に分かれる。 (4)火入れを行った清酒は、大きなタンクでおいしく熟成される。

様々な工程が見学できるよ

酒蔵の歴史を学ぼう!

各蔵で長年営まれてきた新潟の酒造り。その歴史を学ぶことで、新潟清酒にもっと興味が湧いてきます。昔の建物をそのまま利用している酒蔵も多く、実際に見学⑤すると昔の雰囲気とともに、当時どのようにして酒造りが行われてきたのかを知ることができます。まだ機械がほとんどなかった時代、杜氏達は培った経験と磨かれた技で、品質の高いお酒を生み出していました。その伝統は現在の杜氏にも受け継がれ、新潟清酒を全国的に評価の高いものにしています。

また、使われていた道具⑥などからも、技術の進化、味の進化を感じることができます。昔の看板や帳簿、はっぴなど、どれも興味深いものばかりです。

江戸時代の蔵は趣も満点!|(5)酒の鑑定用に使われたお銚子。蛇の目の柄にも意味がある。(6)大正時代の帳簿には、子どものおもちゃ購入まで書いてある。

楽しみ〜

お待ちかねの試飲タイム!

見学の最後には、試飲⑦の時間を設けている酒蔵がほとんどです。新潟の清酒造り、酒蔵の歴史を学んだ後にいただくお酒は、おいしさもひとしお。多くの銘柄⑧が試飲できる酒蔵では、自慢の味とその特徴を説明⑨してくれます。また、ここだけでしか飲めない、蔵出しのお酒や、絞り立てのお酒が試飲できるケースも多く、酒蔵見学が人気となる理由の一つとなっています。近年はフルーティーなお酒、甘いお酒、ノンアルコールの甘酒など、バリエーションも増えており、若い世代の注目も高まっています。

ぜひ新潟の酒蔵見学におでかけして、その魅力を体感してみてください。

今代司酒蔵

[住所] 新潟市中央区鏡が岡1番1号
[TEL] 025-244-3010
[時間] 9時~17時、酒造見学は9時~16時(12時を除き1時間ごとに案内)、所要時間は約40分、見学無料
[アクセス] 新潟駅より徒歩約20分

(7)新潟の地酒をいただきます!(8)いろんな銘柄を飲み比べできるのも、酒蔵での試飲の魅力。(9)味の特徴を利きながら飲めば、こだわりのポイントがよく分かる。

ページの先頭へ戻る

  • サイトマップ
  • お問合せ
  • 資料請求
  • サイトポリシー