• HOME
  • Blog TOP

カテゴリ 「遊び」

糸魚川・妙高・上越で冬の味覚を堪能♪ パワースポットを巡ってみた。

こんにちは。
うまさぎっしり新潟ブログ担当 とも です。

先日行われた 糸魚川市のモニターツアーに参加した方から、
ツアーの感想が届きましたのでお伝えします!

itoigawamoni1.jpg

「糸魚川からの贈り物~冬の味覚とパワースポットを巡る旅~」

糸魚川に到着し、最初に向かったのは「マリンドリーム能生」です。

itoigawamoni2.jpg

こちらは「ベニズワイガニ」の直売所が軒を連ねる道の駅。

昼食は、マリンドリーム能生の中にあるレストラン「味千汐路 番屋」にて
「カニちらしセット」をいただきました。

itoigawamoni3.jpg

山盛りのカニちらし丼、器からはみ出すほどの贅沢なカニ汁など、
能生産のベニズワイガニをたっぷりと堪能!!

つづいて、ベニズワイガニの直売所「かにや横丁」へ。

itoigawamoni4.jpg

こちらではベニズワイガニはもちろんのこと、糸魚川近辺で獲れた海の幸をお土産に購入できます。

itoigawamoni5.jpg

昼食を食べたばかりですが、浜焼きも堪能しちゃいまいした!
その場で焼いてくれるので熱々でおいしい!!

カニの直売所では、おかみさんからカニのおいしい食べ方を教わりました。

itoigawamoni6.jpg

ここでは買ったカニをその場で食べられます。
これは初めての経験でした。

マリンドリーム能生を後にし、続いて向かったのが「谷村美術館」。

itoigawamoni7.jpg

建築家・村野藤吾氏による独特の形状をした建築で、
自然光をとりこめるよう綿密に計算された窓が印象的でした。

全10体の木彫の仏像美術を鑑賞した後は「玉翠園」へ。

itoigawamoni8.jpg

美しい日本庭園・を眺めながらヒスイ入りのブレスレットづくりを体験しました。

itoigawamoni9.jpg

用意されたヒスイ玉はひとつひとつ色が異なるので、気に入った1粒を選ぶために、
思わず顔を近づけてヒスイに見入ってしまいました。

itoigawamoni10.jpg

淡いピンク色・透明のビーズと組み合わせて糸に通せば、自分だけのブレスレットが完成!

つづいて向かったのが「フォッサマグナミュージアム」。

itoigawamoni11.jpg

ヒスイをはじめとする鉱物や、大地の裂け目フォッサマグナについて実際に見たり触れたりできました。

itoigawamoni12.jpg

"ヒスイ"と聞いてイメージするのは淡いグリーンの鉱物でしたが、
実は紫や紺色など、様々な色があることは驚きでした。

今日の宿泊は「姫川温泉 ホテル国富 翠泉閣」。

itoigawamoni13.jpg

夕食はあんこう小鍋付の会席料理をいただきました。

itoigawamoni14.jpg

今が旬のあんこうは、鍋にすると旨みがしみ出して味わい深く、
唐揚げにすると身がぷりぷりでした。

身もアラも余すことなくあんこうを堪能し、こんなにおいしい魚なんだ!と驚き。

露天風呂からは雪景色が広がり、
のんびりと冬ならではの景色を楽しみました。

2日目は妙高市の老舗酒蔵・君の井酒造を見学。

itoigawamoni15.jpg

木造の蔵内部に入ると驚くほど天井が高く、空気も澄みきっていました。

酒米の精製から醸造までの工程を教わり、「君の井」をはじめとする日本酒と、
酒造りに使われている水の試飲をさせていただきました。

itoigawamoni16.jpg

飲んでみるとさらりと透き通った味の水で、
この水があるからこそ新潟の日本酒がおいしくなるのだと思いました。

最後に訪れたのは上越市の「岩の原葡萄園」。

itoigawamoni17.jpg

こちらでは、日本最古のワイン蔵「第一号石蔵」と
二番目に古く上越市の指定文化財にもなっている「第二号酒蔵」を見学しました。

itoigawamoni18.jpg

歴史を感じられる石造りの入口をくぐると、
現在も樽熟成庫として利用されている様子を見ることができました。

こちらでは、冬に積もった雪を利用して夏に蔵内部の温度調整をする「雪室」という
昔ながらの方法でワインを保管しているそうです。

itoigawamoni19.jpg

年間を通して一定の温度管理にするための、
降雪地域独特の方法があることを初めて知りました。

今回のツアーでは、ベニズワイガニやあんこうなど糸魚川の味覚を楽しみ、
ヒスイをはじめとする地球の美しさも感じました。

贅沢な食事と温泉、お土産になるブレスレット作り体験もできて、
とても充実した2日間になりました。

思ったより東京から近いことも魅力的で、
今回行けなかった糸魚川の観光スポットにもぜひ行ってみたいと思います。


コメントする

公益社団法人 新潟県観光協会

〒950-8570 新潟県新潟市中央区新光町4番地1
TEL:025-283-1188/FAX:025-283-4345