• HOME
  • Blog TOP

カテゴリ 「遊び」

日和山五合目を探訪

こんにちは。
新潟県観光協会の だしよです。
東堀通13番町にある新潟港町のシンボルともいえる「日和山」をご存じですか?
新潟で「日和山」というと現在の海岸線に面した日和山公園や展望台を
思い浮かべてしまいますが、こちらは、そのオリジンともいえる存在です。

日和山の歴史は古く湊町新潟とは、切っても切れない関係があります。
hiyoriyama.jpg

古くは北前船の寄港地として、開港五港の一つとなってからは近代化を
目指す港として発展してきた新潟港。
新潟は、この2つの歴史を併せ持つ稀有な港です。

さて、新潟の町あるきについては、ご存じの方も多いと思います。
machiaruki.jpg
その中に北前船から開港に至る新潟の歴史を歩いて巡るコースがあります。
信濃川の河口にある「みなとぴあ」の一角にある旧税関庁舎を起点に町をめぐるコースの
終点はこの日和山です。

みなとにゆかりの名所を巡りながら、時に往時を偲びつつ、新潟の歴史に思いを馳せれば、
新潟の魅力を再発見する機会となるでしょう。
下の写真は日和山山頂にある明治24年に奉納された方角石です。
hougakuishi1.jpg

※ 新潟下町(しもまち)・日和山登山コース  
新潟市歴史博物館みなとぴあ・旧新潟税関庁舎→湊稲荷神社→金刀比羅神社(寄合町)→
願隨寺→開運稲荷神社→日和山展望台(日本海)→日和山・住吉神社

日和山頂上には住吉神社のお社があります。
かつては、この山頂から海や山々を
一望することができたそうです。
sumiyoshi.jpg

その五合目にオープンしたのが「cafe 日和山五合目」です。

gogome.jpg

一見すると船を思わせるその建物は、町歩きの途中で、ほっと一息できるcafeであり、
日和山の歴史を興味深く教えてくれる資料館があります。
entrance.jpg

館長が在館のときは、日和山の由来や新潟港の歴史など、興味深いお話を伺うことができます。

早速、解放感あふれる空間が印象的な「日和山五合目」館内の様子を見てみましょう。
kaihou.jpg


1FはCafeと日和山の展示コーナー、グッズの販売コーナーなどがあります。
丸くて白い気になるものを発見しました。
menu.jpg

よく見てみると「日和山方角石アイスもなか」とあります。
方角石をモチーフにしたアイスもなか、美味しいです。
hougakuishi.jpg

螺旋階段を昇って見ましょう。
rasenkaidan.jpg

2Fは、ギャラリーとなっていて、一休みしながら日和山の様子を眺めたり、読書したりすることができます。
2f.jpg

一度は歴史の中に忘れられかけた「日和山」でしたが、関係するみなさんの努力により、
お祭が復活し、様々なイベントやまちあるき等が開催され、今日の姿に整備が進みました。
このような「日和山」の進化は、「みなとまち新潟・日和山 [進化する 日和山 物語]」
として、都市づくり、地域づくり、コミュニティづくりの観点から2014年 グッドデザイン賞を
授賞しました。
 2014 グッドデザイン賞受賞

「cafe 日和山五合目」の開店日は金曜、土曜、日曜日とのこと。
詳しくは、下記ホームページをご覧ください。
 日和山五合目ホームページ

コメントする

公益社団法人 新潟県観光協会

〒950-8570 新潟県新潟市中央区新光町4番地1
TEL:025-283-1188/FAX:025-283-4345